スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランドマークエデュケーションから得た小さな奇跡と家族の絆

ランドマークエデュケーションに参加をした友人夫婦の成果です。

こんにちは。

私たちは3年前に友人の進めで夫婦一緒にブレークスルーテクノロジーコースに参加しました。

私たちはコースから「家族の会話は奇跡をつくる」という可能性をつくり、その可能性は今でも私たち夫婦に小さな奇跡や大きな奇跡、そしてかけがえのない絆をもたらしてくれています。

コース以降私たちは、どんなことも二人で話し合うことにしました。
話し合う度、夫婦の絆が深まっていき、それが子供にもはいい影響を与えていることを実感しています。
そんな私たちの小さな奇跡を一つお話します。

私たちには3歳になる男の子がいます。
名前はコウスケといいます。
少しはにかみやで、何でも自分は最後にというタイプの子です。

今年になって夫婦共に気に入った幼稚園に入り、コウスケも気に入ったようで元気に通っていました。

ところが、2週間前に「最近コウスケ君は先生にくっついてばっかりで、友達と遊ぼうしない」との先生からの報告がありました。
その晩さっそく二人で話し合い、まずはコウスケの様子を見守ることにしました。

妻はすぐに原因を見つけました。
妻とコウスケが同じ幼稚園のお友達のリョウ君の家に遊びにいった時、前回は大はしゃぎだったのに殆ど遊ぼうとせず早く帰りたがったのでした。
その日は前回いなかったお友達のテッタ君も来ていました。
妻曰く、コウスケはテッタ君と何かあったようです。

その夜、コウスケに妻は布団の中で話しました。

妻 「今日はどうしたの?リョウ君のお家は大好きだったじゃない。」

コ 「テッタ君はコウスケのことが好きじゃないんだ。」

妻 「テッタ君が何か嫌な事をしたの?」

コ 「おうちに入れてくれなかった」

幼稚園の庭にあるちいさなログハウスのことらしく、入ろうとし
た時に中にテッタ君がいて、入れてくれなかったそうです。

妻 「テッタ君に入れてって言ったの?」

コ 「・・・・・言わなかった」

妻 「コウスケが『入れて』って言わなかったから、テッタ君はコウスケが入り
   たいってわからなかったのかもね。」

しばらくして、コウスケは「うん・・」と小さな声で答えました。
コウスケが違う見方を始めたように見えました。

妻はゆっくり時間をとってまた聞きました。

妻 「コウスケは幼稚園で寂しかったんでしょ」

コ 「うん」

妻 「でも、幼稚園いやだって言わなかったのえらいね」

コ 「コウスケは3歳のお兄ちゃんだから、『いやだ』って言わないよ」

妻 「寂しくてもがんばったんだね。じゃあ寂しくなくなるにはどうしたらいいかな?」
   「仲良しさんがたくさん出来たらいいかな?」

コ 「うん!」うれしそうに答えました。

妻 「仲良しさんを作るのは簡単なんだよ。『一緒に遊ぼう』って言ってみ
   ればいいだけだよ。」
   「きっと、みんなはコウスケから『遊ぼう』って言われるのをまってるよ」

コウスケはじっと妻の目を見て、「言ってみる」と答えました。

妻は「すごいね」といってコウスケを抱きしめました。

親ばかな私はとなりで聞いてて「ジーン」としていました。

翌日妻は幼稚園のお迎えに行った時、リョウ君とテッタ君のお母さんに昨日のことを話したそうです。

そして子供たちが遊ぶ様子を眺めている時、小さな奇跡が起きました!

コウスケは少し離れたところにいたテッタ君に、「テッタ君!」と大きな声で呼びました。

近づいて来たテッタ君に、コウスケは一生懸命何かを伝えようと言葉を探している様子でした。

テッタ君にもそれが伝わったのかコウスケの側にいてくれて、妻も二人のお母さんも誰もがその様子をじっと見守ったまま5分くらい経ちました。

そしてとうとうコウスケは「テッタ君、僕と一緒に遊ぼう!」とまさに妻が昨晩教えた通りに言ったそうです。

その瞬間、リョウ君とテッタ君のお母さんが拍手をして、妻もそれにつられて拍手をしたそうです。

テッタ君は「いいよ?」と照れくさそうに返事をして、そのあとは二人で何やら楽しそうに遊んでいたそうです。

コウスケの出せる限りの勇気が実った瞬間でした。

妻はあらためて、あの小さな体の中にも、大人と同じように、葛藤も、寂しさもそして勇気もあると分かってすごく嬉しく、自然と涙が溢れてきたそうです。

その夜布団に入った時に妻は改めてコウスケに会話しました。

妻 「今日はがんばったね」
   「また仲良しさんをつくろうね」

コ 「じゃあ神様にお祈りしないと!」とコウスケは元気にいって。
  「コウスケにもっと仲良しさんが出来ますように、この小さなお祈りをイエス様の名前を通して神様におささげします。」

(家族は誰もクリスチャンではありませんが、キリスト教系の幼稚園に通っているのでこんな言い方になります)

コウスケが寝たあと妻と1時間近くこの話をしました。
私は妻に「素晴らしい会話をありがとう」と言いました。
そして二人で、いつも人生の幸福や喜びを感じさせてくれるコウスケに感謝しました。

どんなことも家族で会話をすることによって、一緒に生きる喜びに変えることができる。
小さな奇跡が身近に溢れている。
そしてかけがえのない絆がある。
そんな関係をつくれたことが、私たち夫婦の成果です。


スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

it

Author:it
ランドマークエデュケーション・ブレークスルーテクノロジーコースについて。

スポンサードリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。