スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三度ランドマークエデュケーション 被害 勧誘 洗脳などの言葉について。

ランドマークエデュケーションをグーグル検索すると「勧誘」「洗脳」「被害」などの言葉と、上位には以下のようなサイトがあります。


ランドマークエデュケーション Landmark Education BTC
悪魔の洗脳集団!ランドマークエデュケーションに注意してください!
自己啓発セミナー対策ガイド:ランドマークエデュケーション
ランドマーク・エデュケーションって何か教えて下さい 
ランドマークエデュケーション株式会社 東京センター(五反田)
タグ ランドマークエデュケーションとは - FC2ブログ(blog)

また関連検索のトップにはランドマークエデュケーション 被害とでてきます。

それぞれにいろんな意見はありますが、誰もが人の役に立ちたい、もっと世の中を良くしたいと思っているのではないでしょうか。
表現は違えど人間として根本的な思いは同じだと思うのです。

人間として大切な、人へのやさしさ、人への思いやりを無視するのであれば、心から喜びに満ちた人生は生きられないでしょう。
誰もそんな人生は生きたくはないと私は思います。

インターネット上に肯定も否定もどちらの意見もあることは物事を吟味するうえでいいことだと思います。

しかし、批判的なサイトを見ていて思うのですが、自分の意見を公表する時でも、理性をもっていることが大事だと思います。

例えば、上記2番目の「悪魔の洗脳集団・・・・・」を今現在、誰かに招待されている方が読んだら。

「あいつはこんなものにはまってしまったのか、本当に馬鹿な奴だ、自分がカモになっていることも知らずに、新しいカモを呼び入れるよう洗脳されて・・・・・・なんとか友人の目を覚まさせてやらなければ。」

と、本気で信じ込ませるような内容です。

この記事を書いている人も、ここに投稿している人も、人の役に立とうと思っているのだと思います。
けれど思い込みや決め付けがはげしすぎるのも確かです。

この記事を信じた人は、そうしたくなくてもコースに参加した人を偏見から聞くようになるでしょう。
ただよかれと思って伝えたことを、絶対変だ!と決め付けられるのは悲しいことです。

大多数の方はこの教育を人生にしっかりと活かし、周りの方に勧めるにしても相手の方のことを思いやり、責任をもって取り組んでいるでしょう。
もしその責任がとれないのであれば参加すべきではありません。

ランドマークエデュケーションに参加した方が大人として責任ある行動をとるかどうかは、その人それぞれの良識にかかっているのも確かです。

ランドマークエデュケーションには多くの方が参加します。
いろいろな年齢のいろいろな職業の方々です。
多くの方が同僚や友人、家族から招待され参加します。
10代のコースには、親からの勧めで中学生や高校生も参加します。

現在日本では年間2000人の方が新たに参加していると聞いています。
コースの価値を認め、誰かを紹介しようとした人は参加した人の倍近くになるでしょう。
そんなに多くの人がコースは価値があったと認めているのです。
しかも日本では20年以上の歴史があります。

もし批判サイトのとおりのでたらめなコースならとっくの昔になくなっているでしょう。

あまりに過剰な記事を読んだ時に私が懸念するのは。

もし、親からの勧めで参加し、コースは良かったと思っている10代や20代の子供たちがそんな記事を読んだらどんな気持ちになるのだろう。
また、子供から招待を受けているお父さん、お母さんがそんな読んだらどれくらい子供のことを心配に思うだろう。
ただ愛情表現したかった子供に対してどう答えるのだろう。
友人からの招待であれ、上司や同僚からの招待であれ、招待をされている方がそんな記事を読むことによってその人間関係にどういう影響があるだろう。

それが本当に心配です。

それこそ人に余計な不安を与えているとしか思えません。

また、私が受講中に知り合ったランドマークのある男性社員の方は本当に親切な素晴らしい人でした。奥さんと二人の小さな子供がいたと思います。
彼の家族があれを見たらどう思うのだろう?余計なお世話ですが心配になります。

人のためだというのを楯に、自分の意見を公表するにしても、実際に見も知らぬ人たちの気持ちや思いを思慮深く考えることができないのであれば、それは良くないです。
それこそ言葉の暴力だと思います。

子供が周りのことを考えずに、ただ気に入らないと叫んでいるのと同じになってしまいます。

素性が見えない中で「被害」「洗脳」「勧誘」など、過激な言葉で装飾し批判するのは簡単ですが、批判だけしていたら決して知ることはできない、多くの人の真心や勇気、人の役に立ちたいという思いがそこには実際にあるのです。

年間2000人のあらゆる職業のあらゆる年齢の人が自分自身の人生のために参加し、知恵と勇気を振り絞ってつくった成果を否定することは誰にもできません。

またその人たちの人生に心から敬意をもって、その人生に貢献になればと思いコースにご招待した人の真心も誰にも否定されるものではありません。

もし、「無理やり勧誘された。」「私はやらされた!」と後で思うようなら最初からやってはいけません。
無理にでもコースをやらせるように。なんてランドマークエデュエケーションでは教えてはいません。

実際に参加をしてこの耳で聞きましたが、コースに誰かをご招待する時は、参加するかしないかはまったく自由であることを必ず伝えるようにと何度も言っていました。

ブレークスルーテクノロジーコースはあらゆる角度から物事を本当に吟味することができ、人生の様々のことに責任をもって扱うことができる成熟した大人のためのコースです。


スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

it

Author:it
ランドマークエデュケーション・ブレークスルーテクノロジーコースについて。

スポンサードリンク
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。